皆さん、おはようございます。
北九州で絶賛出稼ぎ中のアフロ嫁、あゆみです。

沖縄の青い海が恋しい今日この頃ですが、
コロナ騒動は全く落ち着く気配を見せませんね。

働ける場所があるだけ有難い!
そう開き直って毎日せっせと働いてます。
(もちろん息抜きもたっぷり♫)


さて、
今日はどうでもいい話を。
(大抵いつもどうでもいい話)

私が40代に突入してから
413日が経過しました。
(計算したんかい!)

『40代でやりたい事リスト』のひとつに
『バイクの免許を取る』というのがあります。

昔から興味はありましたが、
一番の決定打になったのは
大好きな作家・原田マハさんの作品
『さいはての彼女』

FullSizeRender
↑これを読んで

「ハーレーに乗って北海道走りたい!!」
とモーレツに思った訳であります。

はい、
何にでもすぐに影響される
単純なアフロ嫁です(笑)


まだ沖縄に戻れそうにないし、
職場の近くに自動車学校がある。

よし!
今のうちに免許取っちゃお!

あ、一応
夫に電話で報告しておくか。

「あのさー、バイクの免許取ろうと思って」

「めっちゃええやん!!てか僕も取りたいのよ!」

「え、持ってなかったの?」

「持ってないのよ、乗れるけど!」

「なんじゃそりゃ!!!」

まぁ反対されるとは思ってませんでしたが
それどころか大賛成。

「じゃあ免許取ったら後ろ乗せてな」

「えー!ヘルメット入らんから乗せれません」

「特注でヘルメット作るから」

そんなやり取りをした翌日、
早速自動車学校へ手続きに行きました。

「あの、駐車場はどこですか?」

「ちょっと道路が浸水してますが、車が大きいから大丈夫ですよね、あちらへどうぞ」

IMG_0966
↑う、うん、まぁまぁ浸水してますね。
(この後更に雨が降って浸水が酷くなる)

若干の不安を覚えつつ
なんとか駐車して事務所へ。

親切丁寧な事務のお姉さん(しかも美人!)から諸々の説明を受け、
支払いまで完了!

「最後にバイクの引き起こしをしてきてください、すぐに終わりますよ」

あー聞いた事あります。
倒れたバイクを自分で起こさないと
ダメなんですよね!

「少し場所が離れてるので、教習車でお送りします」

案内された教習車は
なんと77番!

コレは幸先良いぞ♫

バイクの教習場に到着して
しばらくすると
愛想の無い教官がやってきて

ろくに挨拶もなく
バイクが並ぶ場所へ連れて行かれました。

まずはバイクに跨って、
足がつくかどうか…
これはギリギリクリア!

で、いよいよ問題のバイク引き起こし。

「これ200kgあるから、男の僕でもチカラで起こすのは難しいよ」

は、はい

「左手ここ、右手ここ、後輪を支点にしてこう」

は、はい

「やってみて」


え、ピクリとも動きませんけど?

「あー全然チカラ無いね、ダメそうだね」

え!!!
き、筋肉ならたっぷりついてますけど!!!
(↑心の叫び)

「うちは引き起こしできなかったら入校許可できないから」

マジか!!

「はい、時間無いからあと2回ね」

んーーー!!!

んーーーーー!!!!!


う、動かん。

「じゃ、入校取り消しね」

まーじーかーーーー!!!

次の教習が始まるのか、
教官の足は既にあちらへと向かいながら
「受付に電話しとくから、返金して貰ってね」
と振り向きざまに。

放心状態で
ポツンとその場に取り残された私。

え、え、想定外なんですけど!!!

先ほど77番の車で
美人のお姉さんに送ってもらった道を
トボトボと歩いて戻り
返金して貰って帰路につきました。

なんか痒いぞ、と
おでこに手をやると
蚊に喰われて見事に腫れておりました。

「泣きっ面に蜂」とは
まさにこの事か!!!


そんなこんなでアフロさん、
特注ヘルメット作るのは
もう少し先の話になりそうですよ。


食と宿『アフロリゾート』
沖縄県国頭郡本部町字新里618